妄想理論作家のアトリエ

– Delusion Theory –

BLOG

BLOG

最新の投稿木漏れ日のひらめきコメントNOWノスタルジック・ソフィア都市伝説紀行妄想理論
  • ことばの日

    いいじゃない、それがただの妄想でも。 誰も付き合わなければいいだけのこと。 一人の道は、一人で歩いていくものだ。 もしも見かけたら手ぐらいふるよ。 メモが落ちてたら拾って読むよ。 互いに出来ることといえばそれくらいだろう …

  • 視点遠点

    目先のものがなくなると、遠くに目が行く。「なくなる」とは、ダメになったり、イヤになったり。 行動経済学では「目先の利益」を優先するのが人のクセらしい。つまり現在が不利益だらけになれば、遠くの利益に目がいくワケだ。 こんな …

  • 生まれ変わりと人助け

    生まれ変わると、苦しみが来世に持ち越されて、ずっと続いて終わらない。ところで生まれ変わりといっても、前世が分からないなら、それは他人。 つまり苦しむのは他人なのだから、今を最後の転生にすることは、他人を救済するということ …

  • ルールと理由とエゴイスト

    『中学生へのセクハラは20年前と比べ4倍増 背景に「校則」の影響も』からの引用です。 10代の50人に1人が「性的に触られた」「『今日、下着、青色だったでしょう?ダメだよ』と男性の先生から言われて怖かった」10代の回答者 …

  • 昭和ノスタルジー

    実は未読です。ごめんなさい。 それはこんな書籍… amazon:書籍紹介からの引用 「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす (イースト新書) 著者:古谷経衡 ネット社会が生み出した現代のクレーマーである「道徳自警団 …

  • 狂気生誕

    息を止めろ。 ずっとは無理。 でもそれが絶対なら、不可能を可能にするために、命令にない行動をするしかない。 この場合は自殺。あるいは指示者の殺害。 誰が誰に命令するか。 それはいろいろで、自分が無意識に自分にということも …

  • 耳に残るは7つの音色

    三谷幸喜 作・演出の「酒と涙とジキルとハイド」という作品が東京芸術劇場で再演されるらしい。といっても、興味はこれではないんです。ごめんなさい。 内容は「ジキル博士とハイド氏」のパロディーらしいけど、目がいったのは作品タイ …

  • UnTranslatable Words

    そういえば、直訳出来ない日本語というのが話題になった。MOTTAINAI WABI-SABI とか。 これを英語で言おうとすると、辞書の説明部分みたいになってしまって、対応する単語がないという話。 これを UnTrans …

  • アルキメデスのお気に入り

    想定外の面白さ? アルキメデスが発見したという体積比率。 同じ直径と高さからなる、円錐、球、円柱は、 円錐を1とした時、球は円錐の2倍。円柱は円錐の3倍になるというもの。 すると・・・ 円柱(3)  =  球(2) + …

  • 五芒星と六芒星のカレンダー

    このカレンダーは3600年周期です。 カレンダーで使う各図形の頂点にはピンホールがあります。 そこにピンを挿したり、取り除いたりして、月日をカウントします。 画像のカレンダーは、使い始めた最初の日から、3274年と337 …

  • 電柱萌えが止まらない

    機能価値と情緒価値 無電柱化民間プロジェクトというのがあります。 日本の無電柱化を「防災」「安全・快適」「景観・観光」の観点から応援する「無電柱化民間プロジェクト」です。これらをテーマに写真コンテストが開催されました。( …

  • 柔らかい乗り物

    bouncy ※最大音量注意。消音してから再生してくださいからの引用です。 全天候型のまったく新しいモビリティ「PodRide」電動アシスト機能付きでパワフルな走行が可能。 「PodRide」は、あらゆる条件の道路でも安 …

  • 夢のアウトドアライフ

    TRiP EDiTORからの引用です。 今年のGWもいよいよ後半戦。せっかくの連休、日々の疲れを癒したいと思っている人も多いはず。そんなあなたにオススメなのが、森の力をとりこむ「森林セラピー」です。前回外国人が日本独自の …

全ての記事を表示する