五芒星と六芒星のカレンダー

五芒星と六芒星のカレンダー

このカレンダーは3600年周期です。

カレンダーで使う各図形の頂点にはピンホールがあります。
そこにピンを挿したり、取り除いたりして、月日をカウントします。
画像のカレンダーは、使い始めた最初の日から、3274年と337日( うるう年から2年後 )が経過した状態です。ちなみにポイントの配置や移動の規則は他にも考えられます。

都市伝説系で話題になっていた惑星ニビル。
その公転周期は3600年らしい。
さて電子機器も無い、多分ゼロない時代。
3600年をカウント( 記録 )するとしたら?
そんな視点で考えてみたのでした。

使うとしたらシュメール人?

これを使うとしたら、ニビルの出処になっているシュメール人と仮定します。
シュメール人には以下のような知識があったらしいのです。
・木星の公転周期 ( 12年 )
・木星と土星の合 ( 天空で木星と土星が同じ位置に戻るように見える周期、60年 )
これが現代でも使われている60進法や12分割、24分割の起源らしいです。
これらを取り入れてみると・・・
なんと、カレンダーの運用がすっきりするのです。

ゼロがあれば、ただ数えていけば済む話なのですが…一年を正確に知るために、天体を使っていた時代です。
つまり星の位置を見るという、既にある知識や方法で、カレンダーを使うのが普通ということになります。

ところで、なぜ五芒星と六芒星?

はい。思いつきです。
いや、まず六芒星について言えば、
現代では真っ先にイスラエルの国旗のマーク( 国章は別です )でしょうか。
しかしその起源は実に曖昧です。
次に五芒星について言えば、ピタゴラス学派の五角形。それは完全=神を表す図形ということになるらしく、辿れるとしたらこのあたりかと。

ということで、ここからは空想全開で、
もしもこの2つが、シュメール時代に使われていたとしたら・・・

六芒星は内外の頂点が12あるので、木星の公転周期と一致します。
つまり木星を表している。

五芒星は内外の頂点が10。
木星の5年が土星の1年です。
そこで五芒星の頂点を、内側の5箇所と外側の5箇所としてみます。
すると・・・
内側の頂点5箇所で、木星5年、土星1年、地球60年。
外側の頂点5箇所で、木星25年、土星5年、地球300年です。

そしてもうひとつ六芒星を使うと、
頂点1箇所が、地球300年となり、頂点12箇所で、3600年。

あれ、これ出来た?
そんな感じです。

細かい話をすれば、
木星年は地球年の(11.86年)
土星年は地球年の(約29.5年)です。
これだと木星と土星が同じ場所にくるのは、地球年で60年ではなく約59年になります。
しかし地球年には閏年や閏日があるので・・・
と、このあたりから大変面倒な話になってきます。

ややこしくてダメな予感がしてきた、このカレンダー。
なぜややこしいのか想像してみました。
そして地球年で考えると面倒な話になっている気がしてきたのです。

地球の1年が目的ではない?

ふと思いつきました。
重要なのは地球での経過年数ではなく、太陽系で木星と土星が同じ方向に並んだ回数。
知りたいのはこっちかも?

すると、太陽系を外側から見た場合には、とても分かりやすいカウンターになります。
地球視点ではありませんね。

太陽系それ自体が、銀河系を周回しています。
なので全ての位置取りが相対的です。
そこで太陽系の2つの惑星の一致だけを見る、というのは実にシンプルで合理的ではないでしょうか。

五芒星と六芒星を使ってカレンダーを創ってみただけで、
この合理性を発見したのは、私ではありません。
シュメール人ということになっていますね。

こうしてみると、現存する古代カレンダーの全てが、そもそも地球年をカウントする為だけに作られていたのだろうか。
地球年のカウントは、検算とかチェックサムのようなもの。
でもそれはそれで実用性があった、といった程度なのかも?

これがなぜ秘法かというと

表題の秘法レベルについてですが、上記のような内容が、すばらしい発見で秘法レベルだ!
という話ではありません。

このようなカレンダーを実際に使い続けるとなると大変です。
ピンの動かし方。
カレンダーの保守。
万が一損壊してしまった場合の対処法。
なにしろ3600年です。
何世代にもわたって、ノウハウを正確に伝承していかなければ、機能しません。

これには、使用法の正確性や、相互チェック等に従事する人々が必要ではないでしょうか。
それは多すぎない程度の人数で連綿と運営していくのが良いでしょう。
知識を継承し実践していくための、組織力と団結です。例えばフリーメインのように長い歴史を持ち、頂点(第一階梯)はごく少人数であるような組織です。

それはもう、秘法レベルかと。


CG制作:
CINEMA4D ( モデリング&レンダリング )
Photoshop. 5788 x 5788 pix (A3-長辺 350 dpi相当)


カレンダーの使い方(図解付)です。読まない方がいいかも・・・

それでも読む

下の画像はカレンダーの使い方を図解したものです。

 

カレンダーの下、1段目( EARTH ) 

そこにはEARTHの表記があり、文字通り地球の一年とうるう年を知るための図形が並んでいます。

  • 1段目の左側の五芒星は、一つのポイントが1日にあたり、その日の始まりに、ピンを一つずつ差していきます。
  • 五芒星の角は10個ですが、10個目のポイントは塞いでありピンは差せません。そこで10個(10目)は、右側の六芒星の内側のポイントに一つピンを差します。そして左側の五芒星からはすべてのピンを抜いて(9日分)リセット( ピン無し )します。
  • つまり右側の六芒星の内側にある六角形の角は一つで10日になります。

引き続き、左側の五芒星を使い、1日ずつピンを差し、10日目には、同じように右側の六芒星の内側にある六角形のポイントにピンを追加で刺し、左側の五芒星をリセット( ピン無し )します。


  • すると右側の六芒星の内側にある六角形のポイントの最後、6個目のポイントに到達しますが、そこは塞がれています。そこで、右側の六芒星の外側にあるポイントの一つに、ピンを差し、内側のピンは全て抜いてリセット( ピン無し )します。左側の五芒星のピンもこれまでと同じに抜いてリセット( ピン無し )します。
  • つまり右側の六芒星の外側にある星形の6つの角は、一つが内側のポイント(10日 × 6)の合計である60日となります。※ここで60進法が現れます。
  • この作業を日々続けていくと、やがて右側の六芒星の外側がすべて埋まり、( 内側60日 × 外側6ポイント)、360日となります。

引き続きこれまでどおりリセット作業を続けると、

  • 右側の六芒星の外側だけが埋まり、360日。
  • 左側の五芒星の外側だけが埋まり、5日。
    ( 美観として五芒星の外側からピンを差していくことにしてあれば )
  • つまり左の五芒星の星形と、右の六芒星の星形部分が埋まる日が365日目、1年の終わりとなります。


カレンダーの2段目( Jupiter / Satan ) 

1年が終わった次の日には、EARTHの五芒星と六芒星は全てリセットします。そして左側の五芒星に1日目のピンと差し、一番右の三角形のポイントにも一つピンを差します。こうして1年が経過するごとに、三角形のポイントにピンを追加で差していきます。


うるう年
三角形のポイントがすべて埋まっている新年の1日目だけは、三角形のポイントをすべてリセットし、左側の五芒星に1日目のピンを差すのは1日延期します。うるう年の閏日です。


  • 閏日があってもなくて、新年の1日目には、EARTHの段の、左側の五芒星にピンを一つ差します。
  • 同時にJUPITERとSATANの段(2段目)の、右側にあるJUPITERとかかれた六芒星にもピンを一つ差します。
  • この2段目右側の六芒星( Jupiter )のポイントは一つが1年ということになります。
  • これを続けていくと、2段目の右側にある六芒星( Jupiter )は、12年でいっぱいになりますが、12個目のポイントは塞がれています。
  • この時、六芒星( Jupiter )をすべてリセットし、2段目の左側の五芒星( Satan )の内側にピンを一つ差します。
  • つまり、2段目の左側の五芒星( Satan )内側のポイントは一つが12年です。これは木星の公転周期です。
  • これを続けていくと、2段目左側の五芒星( Satan )の内側が5個目に到達しますが、5個目のポイントは塞がれています。
  • そこで内側の5個を抜いてリセットし、外側のポイントにピンを差します。
    つまり、2段目左側の五芒星( Satan )外側のポイントは、内側のポイント(12年 × 5)の合計である60年となります。※ここにも60進法が現れます。

カレンダーの最上段( NIBIRU ) 

  • これを続けていくと、2段目左側の五芒星( Satan )外側のポイントが5個目に到達しますが、それは塞がれています。
  • そこで、2段目左側の五芒星( Satan )のピンをすべて抜いてリセットします。同時に最上段、NIBIRUの六芒星のポイントにピンを一つ差します。
    つまり最上段、NIBIRUの六芒星のポイント一つは、2段目左側の五芒星( Satan )外側(60年 × 5)の合計である300年となります。
  • 一段目(地球の一年)から始まる以上の作業をずっと続けていくと、やがて最上段、NIBIRUの六芒星のポイントがすべて埋まる日がやってきます。NIBIRUの六芒星のポイント一つは300年ですから、(300年 × 12ポイント) で3600年となります。

いや・・・長いですね。やはり秘法のような文になってしまいました。