柔らかい乗り物

bouncy ※最大音量注意。消音してから再生してくださいからの引用です。

全天候型のまったく新しいモビリティ「PodRide」電動アシスト機能付きでパワフルな走行が可能。

「PodRide」は、あらゆる条件の道路でも安定的に走行できるという。標準的な道路を始め、オフロードや雪道でもしっかりとした走りを見せてくれる。そして4輪なので安定感もあり、簡単には倒れることもない。
もし足で漕ぐのに疲れたら、電動アシスト機能に頼ることもできる。これで汗だくでオフィスに到着する悪夢から逃れられるだろう。モーターアシストのレベルを調節すれば、丘だって登れるとのことだ。
肝心の乗り心地も、まるでソファのようなシートの上で漕ぐので、長時間のサイクリングも問題ない。従来の自転車のように、固いサドルの上に長時間乗り、お尻が痛くなることもないだろう。

これ好きです

電動アシストなガジェットの話題は、最近よく見かけるようになりました。ただしほぼ100%海外ネタです。それはもう、日本の場合、道交法に引っかかり、全てが夢のまた夢になるからではないかと、勝手に想像しています。

確かに安全基準の曖昧な車両が、多種多様に公道を走るようになれば、多くの問題が発生することでしょう。

そしてそれは既に先鋭化しています。

少し前にノーブレーキピスト(ブレーキが無い自転車)の規制が強化されたりしました。
そして都市部では、自転車での傘挿し走行、イヤフォン着用、スマホのながら走行などの各種規制。確かに危険ではありますよね。でも、こうした規制がかかる度に思うこと。

「なぜ、規制するなら代替案もセットになっていないのか」

つまり規制の多くはソリューション無しで実行されていく。それがこの国の、まさにこの国らしさな気がしませんか?

ここでもうお気づきの方が多いいと思いますが、ソリューションなしで問題にあたる事。それは解決ではなく排除です。ですから、その機会でのイノベーションは失われる、つまり機会損失です。

セグウェイ

こうしたガジェットの先駆けといえば、セグウェイを思い浮かべます。セグウェイジャパン

しかし割とコンパクトではあるものの、出先での駐車スペース問題もあり、普及しません。これは自転車ですら、迷惑駐輪問題とかになっているくらいです。

免許、規制等を管轄するのは、陸運局や、警視庁ですが、ではそれらが悪いのか、といえば、これらの組織は安全の確保という前提(使命)に忠実であろうとしているだけで、一方的に悪者扱いするわけにもいきません。

最近、アメリカでGoogleが自転車のシェアサービスを実験的に行いましたが、盗難、放置が多く、管理コストがかさみ、取りやめたと記憶しています。

そうなると、安全確保の規制や、監視も必要でしょうが、それらのリソースを、盗難や導入支援に全面的に振ったほうが、よいのではないでしょうか。しかしシェアサービスを展開するのは民間企業だから、警察がそのサービスの支援にあたるわけには行かないといった建前があるのかも知れません。しかしそれが「行政サービス」の理念にマッチしているか疑問でもあります。

オトナの事情

オトナの事情=インテリジェンスの低下。つまり、オトナ=バカ。
これもまた、この国の、この国らしさな気がします。

それにしても「PodRide」好きだな。
布制なので、当たっても柔らかそう。
でも動画にあるような青はイヤなので、もっとカラフルなのが欲しいですね。
もしも利用者が一定数いれば、それこそ布制なので、限定カラー、和柄、オリジナルプリントとか、ニーズがありますよね。カラフルで柔らかそうな車両が、公道を走っていく光景です。どこか懐かしい気さえしてくるのです。

しかし、そうなると今度は、信号機等の視認性(安全)に影響するとか、指定カラー意外は規制がかかるのかな?

夢も歩けば規制に当たる

法令、政令、条例と多種多様なルールが錯綜しており、この場合は「公道を走る乗り物」というキーワードに対して、どのようなルールがあるのか、一発で調べる事すらできません。

縦割り行政と揶揄されて久しいワケですが、全国に存在する全てのルールを行政府はデータベース化し一般に公開しましょう。
そうすることで、個別のルールが排他的に破綻している事例などの発見も容易になるでしょう。そもそもこのようなデータベースは、政策を企画する各省庁、地方行政の担当者こそが、望むものではないでしょうか。
私達は深夜・長時間に及ぶ過労死的勤務を、行政に関わる人々にして欲しいなどとは、全く思っていないのです。

柔らかい乗り物が走るには、柔軟なシステムが必要です。