電柱萌えが止まらない

機能価値と情緒価値

無電柱化民間プロジェクトというのがあります。

日本の無電柱化を「防災」「安全・快適」「景観・観光」の観点から応援する「無電柱化民間プロジェクト」です。これらをテーマに写真コンテストが開催されました。( 応募はしてません )
すると、電柱が邪魔な風景を募集したら「電柱萌え」が集まったという逆効果が。

電柱電線がある景観は、TVアニメのLainや、新海誠監督作品等で、印象的に表現されていたりで、もはや日本人の心象風景に、しっかり焼き込まれています。それは「懐かしさ」「つながり」「超然とした姿」といった情緒価値でしょう。
日常的にあまりに見慣れているので、不思議とも、変とも思わず、それを心の鏡で見るときには、情緒に変換される。これが電柱電線を巡る、日本人的マインドの機序かも知れません。

アート・異化の力

ところでアートには「見慣れたものを、見慣れないものに変換する」という機能があります。
マルセル・デュシャン「泉」などは分かりやすい例かも知れません。なにしろ便器を逆に設置しただけの作品です。
グロテスクなものにでも、時として美しさが宿るワケですから、電柱電線の醜さや危険を確実に表現することは不可能です。
わたし自身、一時期は電柱萌えで、Instagramにアップして楽しんでいたりしました。しかし今回は、電柱電線のある風景を「絡み合って解けない」「しがらみだらけの日常」というテーマで撮影し、Kindle化してみました。電柱萌えが止まらない:サイト内の作品紹介ページ

意味とコスト

無電柱化を巡る意見には「コストがかかるだけで無意味」といったものがあります。それも一理ありです。
しかし無電柱化を埋設化として考えただけでも、電線のみでなく、通信線、ガス、上下水道といった生活インフラの共同溝化。そのための区画の改変と、その構想は都市計画にまで及ぶ可能性があります。

つまりそれはより根本的な事象へのアプローチ。その入り口です。
場当たり的な部分最適で進行する日常を通して、それ避けることで放置される根本的な事象へのアプローチこそが、実はこの国にとっての「黒船的」なるものの正体ではないでしょうか。