生まれ変わりと人助け

木漏れ日のひらめき
 生まれ変わりと人助け
生まれ変わると、苦しみが来世に持ち越されて、ずっと続いて終わらない。ところで生まれ変わりといっても、前世が分からないなら、それは他人。
つまり苦しむのは他人なのだから、今を最後の転生にすることは、他人を救済するということ。

仏教 ( 小乗 ) が教える救済は、自分だけの救済じゃないんだな。
宗教やってないですけどね。

「木漏れ日のひらめき( ブログカテゴリー )」は、日々ふとひらめいた事を、いろいろに書いています。

Share