視点遠点

目先のものがなくなると、遠くに目が行く。「なくなる」とは、ダメになったり、イヤになったり。
行動経済学では「目先の利益」を優先するのが人のクセらしい。つまり現在が不利益だらけになれば、遠くの利益に目がいくワケだ。
こんなことが現実逃避だったり、革命のきっかけになったりするのかもね。


[ 木漏れ日のひらめき ]の記事一覧