デジタル現像室

スライドギャラリー
デジタル現像室 / MOD PHOTO 160115a ( 撮影制作:giggle ) デジタル現像室 / MOD PHOTO 160315a ( 撮影制作:giggle ) デジタル現像室 / MOD PHOTO 1804261 ( 撮影制作:giggle )
撮影したデジタル写真から数点を選びスライド表示しています。
スライドにマウスカーソルを合わせると、停止、選択が出来ます。



デジタル現像室 / MOD PHOTO 160115a  ( 撮影制作:giggle )


デジタル現像室 / MOD PHOTO 160315a  ( 撮影制作:giggle )


デジタル現像室 / MOD PHOTO 160315b  ( 撮影制作:giggle )


デジタル現像室 / MOD PHOTO 160325a  ( 撮影制作:giggle )


デジタル現像室 / MOD PHOTO 1804261 ( 撮影制作:giggle )

撮影したデジタル写真から数点を選び一覧表示しています。
画像をクリックすると拡大出来ます。

 写真好きですか?

ご覧いただいているものは、全て私が撮影したデジタル写真です。
しかし、私はこれらが写真だとは、とても思えません。

つづきを読む

思うに写真とは即興芸術です。

その時その場所でしか撮れない状況。
その瞬間( 希少性 )の中に、どれだけ深い普遍性を感じるか。

つまり「見えているもの」を通して「見えないもの」が「見えてくる」作品が、写真らしい写真なワケです。

つづきを読む

それが今では私の写真…コンセプチュアル・フォトグラフィックですらないように…見えませんか?
ますます、印象派的に、あるいは近代絵画的になっていく私の写真。

写真を愛し、写真が写真らしいままであって欲しい人達には、これは鼻をつまみたくなるモノなのかも知れません。

実際、あるプロの写真家さんに批評してもらった時「ここまでやると嫌味だね」と言われた事があります。とくに傷ついたりはしませんでしたが、「これは写真による写真の否定だよ」と、写真家としての本音を言って頂いたものと、好きに解釈しています。

ついでにもっと好きを言えば、クラシックからモダンへと、写真にもそれだけ、歴史の厚みが出てきたのだと、暖かく眺めて、お楽しみください。

それにしても呼称が不便なので、MOD PHOTO ( Modern PhotoGraphic ) とでも言っておきましょうか。なので、このページの見出しはコレですね…

 モドフォト好きですか?


CG見ませんか?
CG( コンピューターグラフィクス )で制作した画像から数点を選んだスライドショーです。
動画見ませんか?
制作してYouTubeにアップした動画です。